個人事業が通りやすいクレジットカードはどれ?

スポンサーリンク
個人事業が通りやすいクレジットカードはどれ?クレジットカードお役立ち

個人事業にオススメのビジネスカードはこちら!

もし個人事業を開業したばかりだという方は、経費などの支払いは現金ですか?クレジットカードですか?

個人事業だと、個人の財布と一緒だという方が多いと思うので、しっかり管理しないと確定申告の時に痛い目をみます(体験談)!

最近はインターネット決済の機会も多くなってきましたし、なによりWEBサイトで利用明細書などの管理もできるので、経費の管理にはクレジットカードが断然便利です!

よく言われる個人事業はクレジットカードが通りにくい…と言われたのはもう昔の話。

今では、法人格ではない開業したての個人事業主でも比較的通りやすいビジネス用のクレジットカードもあります。

年会費無料のカードもあり持っていても困るものではないので、特に開業したての方は、仕事がスムーズに進むようクレジットカードの導入をお勧めします。

ヒラあせ

私も様々な場面で助けられました…

スポンサーリンク

個人事業にはビジネスカードがおすすめの理由

個人事業の方のクレジットカードは、自営業者や個人事業主が申し込めるビジネスカードが良いと思います。

もちろん通常の審査はありますが、ビジネスカードを利用できるとその価値は大きいと思います。

経費の支払いや利用明細書はもちろん、カードの種類によってはビジネス用の特典などもある場合があります。

また、支払いだけなら今まで所持していた、個人のクレジットカードで問題ありません。

個人事業は法人とは違い、あくまで個人の扱いなので、クレジットカードや賃貸、社用車の購入などは事業主個人の名前で契約します。

ですので、個人で契約しているカードをそのまま使うことも可能ですが、プライベートの利用金額とごっちゃになってしまうので、ビジネス用のクレジットカードを作った方が断然効率がいいです。

またビジネス用のサービスや特典が多く用意されているのが特徴です。

カードの種類によって異なりますが…

  • ビジネスコンサルティング
  • 航空券の予約
  • 弁護士の無料相談
  • 福利厚生サービス
  • レンタカーの優待
  • 空港ラウンジ
  • 旅行・ショッピング保険

など、通常のクレジットカードのサービスに、ビジネス用のサービスが追加されているものが多いので利用価値が大きいです。

ヒラ普通

明細で利用金額がまとまってるし、毎月の経費管理にも便利!

1人で初めて開業する方は特に経費管理が大変!

今まで経理業務をやったことがないという方は、意外に苦労するのが経費管理…からの確定申告です(体験談)!

税理士に外注してお願いもできますが料金がかかりますし、何より事業主として経理について理解していなければ、これからの行く先が心配です。

初年度くらいはご自身で確定申告しておきしょう。

また、確定申告は少し面倒ではありますが65万円控除可能の青色申告がおすすめです。

青色で申告するためには、ますは帳簿をつける必要があります。

青色申告用のソフトやクラウドサービスもあり、クレジットカードによってはこのソフトの利用料金が優待されるものもありますので、それを利用してもいいと思います。

そして、この帳簿付けの時に、クレジットカードが役に立つのです!

経費はなるべく現金払いはやめて、口座振替か少額でもクレジットカードを使うようにしましょう。

経費の利用額が、通帳またはWEB利用明細で一目瞭然になるので、帳簿への入力が容易になります。

現金だと領収書を管理するのが面倒ですし、紛失してしまえば経費として計上できないので、クレジットカードのWEB明細で管理した方が確実です。

ヒラぐふ

めんどくさがり屋の私は毎年3月12日あたりから1年分をまとめてやってました…まあ2日は徹夜ですよね…

ビジネスカードの種類もたくさん!どのカードが個人事業にあうのか?

そのビジネスカードもいろいろと種類があります。

・ライフカードビジネス
・JCB法人カード
・三井住友ビジネスカード for Owners
・アメリカンエキスプレスビジネスカード….など

この中でもアメリカンエキスプレスビジネスカードは、年会費が他と比べると高額で負担も大きいカードです。

ですが、このカードを利用できれば国内外の出張などでもかなり利用価値が高いので、事業が軌道にのったら、ぜひ利用して欲しいカードのひとつです!

ヒラ普通

ビジネスカードでも特典・サービス、ステータスに優れたカードですね!

コストパフォーマンスの良さとサービスが充実しているライフカードビジネスがオススメ!

一方で年会費無料で比較的審査も通りやすく、利用価値が高いのがライフカードビジネスです。

カード自体の年会費とETCカードの年会費も無料で、弁護士無料相談、スポーツジムなどが優待料金で利用できる福利厚生サービスなどビジネス向きのサービスも充実しています。

ヒラキラ2

コスパ最高!

カードブランドも、MasterCard、JCB、Visaの3種類から選べます。

ポイント集めやラウンジ好きな方は、スタンダードカードではなく、年会費はかかりますが初年度は無料なのでゴールドカードの方がオススメです。

また、会社設立・開業したてでも、通常の審査書類でお申込みが可能な「ライフカードビジネスライト」がオススメです。

もちろんスタンダードであれば年会費が無料です。

ヒラ普通

年会費が気になる方はライフカードビジネスがお勧めです!

ライフカードビジネスは国内外の出張にも便利!

国内航空券・宿泊施設の手配サービスなどがあったりとサービスも充実しているので、国内出張が便利になるクレジットカードをビジネスで使うことでより、仕事の効率も上がりそうです、

また、海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」というものもあり、海外出張が安心かつ便利になるというサービスもあります。

これだけのものがあって年会費無料で使用できるわけですから、まずはこのライフカードビジネスから初めてみてもいいと思います。

信用という点でいうのであれば、銀行系のクレジットカードである三井住友VISAカードもあります。年会費(1,250円+税)がかかりますが、持ってると便利なカードという事が言えるのかもしれません。

銀行である三井住友と、クレジットカードの国際5大ブランドのひとつであるVISA、国際的にも信用があるこのタッグはビジネスのあるゆる局面で利用することが出来るでしょう。

アメリカンエキスプレスほどの知名度や信用というわけにはいきませんが、これで出来ない事はまずないといってもいいカードです。

ヒラ普通

ビジネスカードの特典やサービスの充実が、仕事がうまいくために必要かも!?

ヒラも気になっているアメリカン・エキスプレス・ビシネス・カードはどう?

アメックスユーザーの私も気になっている「アメリカン・エキスプレス・ビシネス・カード」と普通のカードの違いは何でしょう?

アメックスだからといって、そんなに審査基準が厳しいという訳ではなく、意外と開業したてでも審査通過できる場合もあるそうです。

まずひとつ目の違いとして年会費です。

通常のグリーンカードであれば、個人カードもビジネスカードも12,000円+税で変わりませりませんが、ゴールドカードだと個人カードが29,000円+税に対
し、ビジネスカードは31,000円+税となり少し高く設定されています。

その他には、ビジネスセービングやビジネスコンサルティングサービスなど、経費の見直しや経営相談までビジネス用のサービスが充実しているのも特徴です。

また、個人用のカードは国内の高級、ラグジュアリーなホテル・レストラン、海外向けのサービスが多いのですが、ビジネスカードユーザーが利用できる福利厚生サービス「クラブオフ」というサービスを利用すれば国内のホテル、レストラン、アミューズメント、スパなど20万ヵ所以上の施設で、優待サービスを受けることができます。

ビジネスカード会員専用の福利厚生サービス|アメリカン・エキスプレス「Club-Off」

あとは大きな違いとして、個人用カードではない事業用のカードローンが利用可能です。急な資金建てなど、万が一の時に安心ですね。

やはり、ビジネスカードでもアメックスはひと味違いますね。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(個人事業主)
アメリカン・エキスプレス・カード
年会費12,000円+税
ポイントメンバーシップ・リワード、100円=1pt
追加カード1枚につき6,000円+税、20歳以上に限る
ETCカード年会費無料、新規発行手数料は1枚につき850円+税
海外・国内旅行商材保険最高5,000万円

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのお申込みはこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(個人事業主)
アメリカン・エキスプレス・カード
年会費31,000円+税
ポイントメンバーシップ・リワード、100円=1pt
追加カード1枚につき12,000円+税、20歳以上に限る
ETCカード年会費無料、新規発行手数料は1枚につき850円+税
海外・国内旅行商材保険最高1億円
こちらからお申込み頂くと合計30,000ポイント獲得可能(2018年10月2日まで)

> アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのお申込みはこちら

まとめ!個人事業の経費管理はクレジットカードで!ビジネスカードならなおよし!

個人事業主はカードを作りにくいという事を言われたりもしましたがそれは昔の話し、今ではそんな事もありません。

ですが、審査基準はカードブランドによって違うので、どこが通りやすくとどこが通りにくいという事は一概には言えませんが、どのカード会社もカードを利用してもらう事で収益を上げていくことを考えているので、基本的にはカードを作ることには前向きです。

後は自分が必要とするものは何かという事を考えて自分に合ったものを選べばいいというだけのことです。

自分の状況やワークスタイルを的確に判断することが、ビジネスカード選びのコツです。

ヒラキラ2

個人事業用のクレジットカードはビジネスカード一択ですね!

アメリカンエキスプレスの真実…!?評判や口コミをチェック!
アメリカンエキスプレスは実は評判悪いしマジ最悪!?口コミ、評判の実情はいかに?

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました