アメックスからTポイント・楽天スーパーポイントに移行するならマイル経由が効率いい?

アメックスからTポイント・楽天スーパーポイントに移行するならマイル経由が効率いい? ポイント・マイル

みなさん、アメックスを利用して貯めたポイントはどのように使っていますか?

いろいろな使いみちが考えられますが、アメックスのポイントの使い方は、このような感じになると思います。

①アイテムと交換
アメックスで用意された一流アイテムと交換できます。ホテル宿泊・レストランのお食事券をはじめ、食料品や家電、ファッション、おもちゃなどの交換や、復興支援、海外医療・教育支援などのチャリティーにポイントで参加できます。

②ギフト券と引き換え
百貨店やAmazon、イケアなどのギフト券、レストランのお食事券、ローソンやnanaco、スタバックスなど普段遣いもできそうなEクーポンとの交換が可能です。

③支払い充当
アメックスでは「ポイントフリーダム」というシステムで、ポイントを利用料金に充当することができます。航空会社の利用は1ポイント=1円で、ホテル・旅行代理店の利用は1ポイント=0.8円、それら以外の利用は1ポイント=0.5円で利用可能です。

④他社のポイントに移行
ANAマイルをはじめ、他の航空会社、ホテル、Tポイント・楽天スーパーポイントへ移行できます。種類によって還元率が異なりますので、サイトなどでよく確認してから移行しましょう。方法によっては、高還元率で移行できたりします。

⑤たくさん貯めた優越感にひたる
とにかくたくさん貯めた!という優越感に浸ります。どうやって使うかいつも考えているが、結局ひたすら貯めてしまいます。貯金好きな人の感覚と一緒です。

ポイントは使ってなんぼなので⑤はさておいて…今回はこの中の「他社のポイントに移行」についてをピックします。

ヒラ笑顔

でも貯まったポイント数を見ていると…何だか嬉しくなりますよね!

アメックスのポイント移行はどれがおすすめ?

まずは、他社へのポイント移行にも種類があります。

どれがいいかは、ご自身のライフスタイルや、普段から集めているポイントに合わせればよいかと思います。

旅行や出張で飛行機に乗る機会が多い方はマイルを、主に海外旅行で一流のホテルに宿泊したいという方はヒルトンやSPGのポイントに、それ以外で主に国内での利用が多い方は楽天スーパーポイントやTポイント、その他スターバックスやIKEAなどギフト券にも交換可能です。

また、ポイント移行の際には、メンバーシップ・リワード・プラスへの登録がオススメです。

このプログラムは、ポイント交換率がアップしたり、登録した段階で自動的にポイントの有効期限が無期限になります。

年間の参加費3,000円+消費税がかかりますが、プラチナ、センチュリオンはこの参加費が無料です。

ANAマイルに移行する

言わずとしれた日本の航空会社ANAのマイルに移行できます。

ただ、移行するには年間参加費5,000円+消費税が必須なので、少ないポイントを移行するだけだと、損してしまいそうです。

以前はJALとも提携していたのですが、残念なことに終了してしまいました。

提携空港会社のポイントに移行する

アジア・マイル、デルタ航空スカイマイル、アリタリア イタリア航空 クラブ・ミッレミリア、エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズなど世界の航空会社14社のマイルへ移行可能です。

提携ホテルのポイントに移行する

ヒルトンHオーナーズ、シェラトンやウェスティンが加盟しているSPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)へ移行可能です。

そして…Tポイント・楽天スーパーポイントに移行する

アメックスの会員サイトでは「その他のポイント移行」の項目に位置づけられいている「Tポイント・楽天スーパーポイント」ですが、こちらの2種類のポイントへそれぞれ移行可能です。

通常ですと….

 ・アメックスポイント300ポイント=Tポイント or 楽天スーパーポイン100ポイントでの交換となりますが、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しておくと


 ・アメックスポイント300ポイント=Tポイント or 楽天スーパーポイン150ポイントと交換率がアップします。

ですが、等価交換ではないので何か損した気分になります…。

ヒラ冷や汗

この気持ち…なんとかならないの..?

そこでANAマイル経由での移行を試みてみると…?

ここで注目して欲しいのは、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しておけば、ANAマイルへの移行は10,000ポイント=10,000マイルになるということです。

そしてANAマイルから、Tポイント・楽天スーパーポイントへ、10,000マイル=10,000ポイントで移行可能です。

ヒラ驚き

あれ…?ということは…!

そう、つまり…

・アメックス10,000ポイント = ANAマイル10,000マイル =  Tポイント・楽天スーパーポイント10,000ポイント

アメックス→ANAマイル→Tポイント楽天スーパーポイント

等価で交換できるのです!

アメックスから直接Tポイント・楽天スーパーポイントへ交換するのではなく、ANAマイルを経由してTポイント・楽天スーパーポイントへ交換すれば、数字上はお得になります。

もちろん経由するデメリットもあります…

前述しているのでが、アメックスからANAマイルに交換するには、年間参加費5,000円+消費税がかかります。ですので、少ないポイントを移行すると、単純に損するだけになります。

得をするポイント交換数のボーダーラインを計算してみましょう。

☆直接交換だと
アメックス11,200ポイント=Tポイント・楽天スーパーポイント5,600ポイント

アメックスからTポイント楽天スーパーポイントへ直接交換

☆ANAマイル経由だと
アメックス11,200ポイント=ANAマイル11,200マイル=Tポイント・楽天スーパーポイント1,1200ポイント

アメックス→ANAマイル→Tポイント楽天スーパーポイントの損益分岐点

これからANA交換参加費5,400円分を引くと = 5,800ポイント分の交換

…となるので「アメックス11,200ポイント」からの交換。このあたりが損益分岐点となりそうです。

ヒラ冷や汗

うーん、ややこしいしめんどくさそう…

でもプラチナカードは2019年より完全等価で交換できそう

2019年よりプラチナカード会員は「メンバーシップ・リワードANAコース」の年間登録料5,000円+税が無料になります。

ですので、Tポイント・楽天スーパーポイントへ移行したい方は、交換レートなど気にせずそのままポイント移行できますね!

ただ…「メンバーシップ・リワード・プラス」への登録は忘れないでくださいね!

交換したTポイント・楽天スーパーポイントの使いみちは?

それでは交換したポイントは何に使いましょうか?

これらのポイントも、基本的には冒頭で紹介したようなポイントの使いみちになるかと思いますが、いったいどれが一番得することができるのでしょうか?

Tポイントの使いみち

Yahooショッピングやソフトバンクや有名ですが、ファミマやTUTAYA、ガストや牛角、海外にいたるまで様々なお店で1ポイント=1円としてお支払い可能です。

また、T-TITEというTポイントのサイトで、商品に交換したり抽選に応募できたり、楽しみ方も様々。こちらのサイトを確認して自分に合った使い方、楽しみ方を見つけてください。

サイトの利用にはYahoo!JAPANの登録が必要です。

T−SITE

あと、Tマネーという電子マネーがあるので、ポイントをこれに移行して現金化できる!?とも思いましたが、Tマネーへの移行はできないようです。

楽天スーパーポイントの使いみち

楽天市場での利用はもちろん、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天モバイルなど様々な楽天のサービスに利用可能です。他にも楽天ポイントカードに加盟しているお店で1ポイント=1円としてお支払い可能です。

また、楽天にはEdyという電子マネーがあり、これにポイントを1ポイント=Edy1円分としてチャージすることが可能なので、現金として自由に使いたい!という方はこれが一番よさそうです。

まとめ!結局ポイント移行がやっぱりANAマイルが一番

下手に移行して交換率が下がってしまうと損した気分になるので、なるべく等価で現金化できれば一番得したと思えると思います。

…ということで、Tポイント・楽天スーパーポイントを紹介しましたが、とりあえず大量のアメックスポイントをANAマイルにしておけば、ANAマイルから国内で使える多くのポイントに移行できるので、それが一番良さそうですね。

マイルからスターバックスのスターカードに10,000マイル⇒10,000円分で、Suicaなどの電子マネーに10,000マイル⇒10,000円分で移行できるので、お店での支払いに利用したいのであれば「ポイントフリーダム」より使える幅が広がりそうです。

ヒラキラ2

いろんなポイントがあって迷うけど…やっぱマイルか〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました